スポーツが趣味「サラリーマンブログ」

都内在住のスポーツが趣味のサラリーマン日記

ボルダリングが人気な理由「ボルダリングの基礎知識」

calendar

reload

ボルダリングが人気な理由「ボルダリングの基礎知識」

スポーツをすることが好きな人にとっては、これまでにさまざまな種目に挑戦してきたという人もいるでしょう。しかし、仲間の人数が集まらなければできなかったり、繰り返しで作業的になって飽きてしまったりと、新しいスポーツを探している人も多いものです。そんな人にもおすすめなのがボルダリングです。


近年人気があり、専用のジムも全国にたくさん出店をしています。壁を登って行くことから未経験の人には筋肉に自信がある男性のスポーツと思われがちですが、女性や年配の利用者も多くいます。多少は登るための筋肉も必要になるのですが、ただ力があるだけでは登ることができないのです。筋肉があるということは体重も重くなることになり、自分自身を支えきれないこともあります。スリムな女性でも軽い体を利用して登ることができ、さらに頭を使うことによって体型に関係なくうまくなれるというのもボルダリングの魅力です。

ボルダリングの壁一面にはホールド

ボルダリングのジムに行くと、壁一面にはホールドと呼ばれる持ち手がたくさんついています。ホールドは、カラフルな色が配置されているので、眺めているだけでもおしゃれな空間であり、楽しみながらスポーツをすることができます。ホールドの横の壁には色がついたガムテープが貼ってあり、色に合わせて級が決まっています。つまり、同じ壁でも初心者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。壁の傾斜はさまざまで、垂直だけなくスラブと呼ばれる向こう側に倒れている壁もありますが、逆さになるようなルーフと呼ばれる天井のような壁もあります。どこでも好きな場所を登ることができ、また級の進め方も自由なので、友達とわいわい楽しむだけでなく一人で行っても自分自身で目標を持ってステップアップを楽しむことができます。

スポーツの中には、道具や専用のウェアを用意しなければ始めることが出来ないというものもありますが、ボルダリングになると専用のシューズや滑り止めのためのチョークは必要になるものの、これはどのジムでもレンタルが用意されています。また、服装も動きやすければジャージでも構わないので、特別に用意するものはありません。洋服にチョークが付いて汚れてしまうこともあるので着替えとして一着用意しておくと安心なのですが、仕事場に持って行くにも荷物が多すぎることはありません。

ボルダリングのジムは、夜の遅い時間まで営業していることが多いものです。つまり、休みの日をつぶさなくても仕事の帰りに寄って楽しむことができます。腕だけでなく脚や腹筋も使って登ることになるので、短時間でも高い運動効果を得ることができ、大量の汗をかくこともないのでシャワーを浴びなくても電車に乗って帰ることができます。トレーニングマシンのように繰り返しとなると飽きてしまうこともありますが、いろいろなコースを登ることを楽しみながら自然に体を引き締めて筋肉をつけることができるので、無理なく長く続けることにもつながってきます。

ボルダリングに挑戦「屋内スポーツ系」