スポーツが趣味「サラリーマンブログ」

都内在住のスポーツが趣味のサラリーマン日記

適度な水分補給でスポーツでいいパフォーマンスを|水を飲むメリット特集

calendar

スポーツをすることは気持ちがいいですが、どんな季節でもきちんと水分補給をすることは重要です。
スポーツには発汗を伴うため、近代の医学や選手、アスリートにおける水分補給は重要視されています。また、水分の摂取の仕方によってパフォーマンスの仕方も変わるといわれています。

運動をするということは筋肉や神経、脳を動かします。その過程では大量のエネルギーを消費して活動を促していますが、エネルギーを使うこということは熱が発生します。その熱を冷まそうとすることで発汗しますが、その分体内では水分が減ってしまっているため、それを補うためにスポーツドリンクなどをこまめに摂取する必要があります。
きちんと管理をしているアスリートは常に体重に気を配り、自分の体重から1%〜減っている場合には摂取の仕方を見直す必要があると考えられています。
軽く運動してちょっと汗をかいた程度であれば水だけを摂取するのは問題ないですが、大量に汗が出るような激しい運動をした場合には塩分やミネラルの補給をする必要があるためスポーツドリンクを飲んできます。体重から1キロ減少した場合には塩分やミネラルの補給を優先します。
この摂取の仕方が間違っているとパフォーマンスが下がってしまうだけではなく、疲労感やだるさなどが出てしまうこともあるため注意が必要です。

運動中の摂取の仕方としては、喉が渇いたという状態になることは危険な状態だといえます。
そうなる前にこまめに摂取することが大切で、最低でも1時間に2〜3回100ミリリットル程度を摂取していきます。大量に摂取してしまうとお腹にたまってしまい逆に動きづらくなるため少量をこまめに摂取することが大切です。
また、体が温まっていると冷えたものが飲みたくなりますが、急に冷たいものを飲むと胃腸に負担をかけてしまうため冷たすぎるものは避けるようにします。
適温としては10度前後の温度のものがオススメです。

激しい運動なら塩分やミネラルの補給できるスポーツドリンクが理想的です。
しかし、健康を意識したウォーキング程度の運動である場合には、ミネラルウォーターなどで十分だとされています。
ウォーキングに行くと自然に汗をかいてくるため、それを補うためにもミネラルウォーターを持っておくことが良いとされています。
軽い運動の場合にも、喉が乾いたら飲むのではなくこまめに等間隔で飲むことがオススメです。
ジュースなどでも喉を潤すことはできますが、体の負担や健康を考えた時にはミネラルウォーターなどがベストだといえます。
運動をするのは健康や美容に効果的ですが、無理をすると逆効果になることも考えられるため無理をせずに長く続けることが大切です。
冬場でも乾燥していることで、体が欲していることに気がつかないということもあります。
きちんと適量や適度な時間を守って水分補給するということは、スポーツでいいパフォーマンスをするためには欠かせないことになります。

アルギニンがスポーツやスポーツ選手に欠かせないワケ