スポーツが趣味「サラリーマンブログ」

都内在住のスポーツが趣味のサラリーマン日記

スポーツでスランプに陥ったときの4つの対処法

calendar

スポーツをしている方であれば、やはり一度くらいはスランプに陥ったことがあるかと思います。今のところ、スランプを経験したことがないという方でも今後スランプに陥る可能性は十分にあり得ます。スランプに陥ると、これまで当たり前にできていたことすらままならなくなり気持ちもかなり落ち込んでしまいます。ここでは、そんなスランプを乗り越えるための対処法についてお話ししていきたいと思います。

 

ただひたすらに練習をする

スランプに陥ったとき、これまで意識しなくとも当たり前にできていたことができなくなってしまうことは珍しくありません。例えるのであれば、「寝てるときって目の向きはどうだっけ?」「寝てるときの舌の位置ってどこだっけ?」といった感覚でしょう。意識していなかったからこそ、どう意識すればいいのかわからなくなってしまうのです。

ただ、できなくなったのであればできるまでやるというのもひとつの方法です。実際に、ただひたすらに練習をやり続けていたらいつの間にかできるようになっていたというケースもあります。ただひたすらに練習をすると余計なことを考えずに済みますが、オーバーワークには注意しておきましょう。体を動かしていたほうが気分がまぎれる、落ち着くという方にはおすすめの方法です。

 

思い切って休む

スポーツの練習をするのが習慣化していると、休むことに罪悪感を覚えてしまうこともあるでしょう。しかしながら、人間は毎日睡眠という休みをとっているのです。休みがあるからこそ、十分に動くことができるとも言えるでしょう。スランプに陥ってしまったときには、思い切って休むというのもひとつの対処法です。

休んで休んで練習したくなったタイミングでスランプから抜け出せるといった話もよく見聞きするものです。スポーツをやっている方であれば、スポーツのせいで我慢していることもひとつやふたつあるでしょう。そういったものをこれまで頑張ってきたご褒美のような感覚でやってみるのもいいのではないでしょうか?

 

発想の転換をしてみる

おそらくほとんどの方にとってスランプというのは、ネガティブなものでしょう。ただ、一般的にスランプを抜け出した後というのはレベルアップすることが多いのです。一流アスリートなどを見ていても、それはひとつの傾向として言えることかと思います。

だからこそ、スランプをネガティブなものとして考えるのではなく、ポジティブなものとして考えるようにしてみましょう。例えるのであれば、ゲームのボス戦です。乗り越えるのは大変でも、ボスを倒すことができればたくさんの経験値を得て、大幅にレベルアップできるのです。スランプに陥ったときに一番よくないのがメンタルへのダメージです。メンタルはフィジカルにも影響を与えるので、発想の転換でメンタルへのダメージを軽減させていきましょう。

 

できることだけやってみる

スランプに陥っても、何から何までできなくなるわけではありません。スランプに陥ってもできることはあるのです。だからこそ、できることだけやってみるというのもひとつの方法です。実は、これはメンタルにもフィジカルにもいい対処法になります。

というのも、できることだけやることによって小さな成功体験を積み重ねていくことができます。これによって、少しずつですが自信が持てるようになるのです。スランプに陥って自信を喪失してしまうのは一番避けたいところです。冷静に今の自分にどこまでのことができるのかを分析するよい機会にもなるでしょう。

また、できることだけやるとなった場合、簡単なトレーニングや練習を実践することになるかと思います。これによって体もなまらないですし、フィジカル面での地道なレベルアップが可能となってくるのです。できることだけやるというのは、意外にも効果的な対処法なのです。